小梅蕙草

印刷 Eメール

根茎にアルカイドの含有毒植物で隔年開花で、過っては血圧降下剤として使われていたが、吐き気の副作用が強く今は使われていない。花が梅の花に似ていて葉が蕙蘭に似ているところから「梅蕙草」そして高山型が小梅蕙草と付けられた。馬の背ヒュッテの付近では鹿が食べている。