コース案内




仙丈岳

印刷 Eメール

南アルプス仙丈ヶ岳は、伊那側からは北沢峠に早く着けば日帰りできる。

1日目=自宅--48分--仙流荘--50分--北沢峠--15分--1合目--20分--2合目--29分--3合目--
20分--4合目-32分--5合目--27分--藪沢小屋--13分--藪沢出会--19分--馬の背

ヒュッテ2日目=馬の背ヒュッテ--15分--馬の背--12分--尾根--18分--仙丈小屋下--11分--仙丈小屋
--10分---地蔵尾根--15分--頂上--70分--小仙丈岳--12分--大滝尾根下口--23分--5合目
--15分--3合目--24分--2合目--16分--1合目--16分--北沢峠

','


南アルプスの中で穏やかでどっしりとした山容は、女王と言われる由縁である。伊那側からは、仙流荘から北沢峠2020mまで専用バスで行ける。

峠から一合目は、シラビソやトウヒの巨木がある原生林の緩やかな坂を登り尾根に出た所です。

2合目は広い尾根道を登り、下り坂の尻の鞍部で北沢の幕営指定地に行く分岐にもなっていて風通しの良い場所である。

三合目はいよいよ急坂となりはたを幾つかへると北岳が目の前にせまり振り返ると木々の間から甲斐駒と麻利支天が望めます。

四合目は原生林がチット開けた麻利支天が花崗岩の白い岩肌がよく見えています。
麻利支天は武術の神とされています。元はインドの神話のなかでかげろうの神様といわれています。

五合目は藪沢の大滝の頭で富士山と日本で2番目に高い北岳が並んで見える2,520mの小仙丈から仙丈岳に登る尾根コースと藪沢コースの分岐です。

藪沢小屋へは横手道となり途中ロープの設置してある急坂を下り桟橋を渡り、7月の早い時期には雪渓の残る沢を渡ると藪小屋となり、トイレも新築されました。
小屋手前の水は仙丈ヶ岳で最も美味しいとされています。

藪沢出会いは、岳樺の横手道を通り過ぎると明るい沢過ぎに出て大平小屋から登って来た道と合います。
川を渡ったところをよくみるとココメクサがある。

馬の背ヒュッテの手前には植物保護のため自然に不釣合いな柵囲いが設置されています。
ヒッテから鹿囲いの中を行くと馬の背の尾根に出る。

かつてはクロユリやシナノキノバイ等が咲き乱れるお花畑であったが、鹿の食害にあって見る事は出来ず鹿柵の中に矮化した花が2.3見られるだけと成った。

馬の背からかつてのお花畑を歩き藪沢カールに達する尾根に出ると東に甲斐駒や八ケ岳が望める。
馬の背ヒッテに泊まると此処でご来光を拝する。
正面に自然に不釣合いな風車のある仙丈小屋と仙丈岳から小仙丈岳に続く稜線が望まれる。

仙丈小屋は二階建て゛あるが収容人員が少ないためか個人客を優先している。

ハイマツノ生えたカール壁を登ると古来から登られた地蔵尾根の頭に出る。

正面に仙丈岳を見ながら岩尾根を登ると3,033mの仙丈ヶ岳に着く。

山頂からは富士山が大きく見え其の横に手が届くように北岳から続く南アの山々が望まれる。
此処は馬鹿尾根と小仙丈岳への分岐となり霧の深いときは間違えないよう。

小仙丈尾根の途中に藪沢カールの仙丈小屋へ降りる分岐があり、この辺には運がよければライチョウが出で来るところである。

小仙丈岳よりハイマツノ尾根を下るとスリップしそうな急坂のルンゼ状の登山道を通りハイマツの尾根をジクザクに下ると大滝頭に達しこの急坂を下ると大滝頭「五合目」に着く。

此処から北沢峠まで約1時間30分が標準時間である。

 

空木岳縦走

印刷 Eメール

中アの盟主木曾駒ヶ岳~前駒ヶ岳と言われていた空木岳へ縦

空木岳の言われは種々言われているが、この麓に池山という里山があり、その昔は入山(いりやま)として馬草を刈に入っていた又大正時代には牧場としても牛馬を放していた。此処には糊ウツギや蔦ウツギが群生している。更に空木岳を6月頃麓から仰ぐと緑が高くなるにつれ黒木が紺色となりその上にあたかもウツギの花が咲いたように白い山容となる。その昔はウツギは土地と土地の境木として植えられ、葉つき小枝は蚕の糸をつむぐとき使う口立箒として幹は鍋蓋の取っ手を固定する木釘.爪楊枝に使われ又「卯の花のにおう垣根に」と歌われているように垣根に使用され暮らしの中にはなくてはならないものであった。

空木岳の山の名は、空木の花盛りの頃、山の姿が、その花盛りのままの美しさに見える。その昔は前駒岳と呼ばれていた。二つの言われから改名したと八木貞助氏が理由を語っていたと虎一氏は語っていた。空木岳の雪形は雪の形ではなく5月頃の山容全体を表現したものである。{長野県生まれ1879~1951伊那弥生ヶ丘学校の校長を歴任した地質学者・植物学者で初代地学会会長で虎一氏がカイドしていた}

  千畳敷8:03---第一休憩所8:20~8:22---第2休憩所8:35~8:40
浄土乗越8:54~8:56----宝剣山荘9:00~9:23----中岳9:39~9:49
中岳小屋9:54~10:06---木曽駒山頂10:21~12:56
中岳鞍部-横道を通リ巻道終点13:52----宝剣山荘14:16

南アの夜明け
台風上がりの南ア

2日目台風の影響で心配していましたがam4:00頃より南アが見え出した。
宝剣小屋5:45---宝剣山頂6:06~6:00----三の澤分岐6:54~7:05

宝剣岳を降る
宝剣の岩場を下る

宝剣の岩場最後の5mのリッジ
5m最後のリッジ

極楽平7:12----島田娘の鞍部7:45----濁沢岳理鞍部8:11~8:20----濁沢岳8:35

濁沢岳より空木方面
濁澤の岩場をより空木方面

檜尾岳の鞍部9:18~9:30----檜尾岳10:06~11:20---大滝頭10:46~10:52
熊澤岳の鞍部11:37---熊沢岳12:00~12:20-----五峰山頂13:10~13:15
東川岳13:54~14:02---殿越山荘15:35 

3日目殿越から一気に標高差350mを空木山頂まで登り菅の台まで標高差2000mの中ア最大の登下降の行程となる。

空木最後のスラブ
空木直下のスラブ

殿越小屋5:30---第一ピーク6:29~6:35----空木山頂7:24~7:36--

勢揃いしたメンバー
勢揃いしたメンバー

駒峰ヒッユテ7:47~8:00----空木平分岐8:50~8:55----散歩道9:38--
迷尾根10:10~10:15---尻無分岐11:50~11:55---池山水場12:29~12:35--

歩いた従走路
昨日歩いた稜線

鷹打場13:14---林道終点13:45~13:50---三本木地蔵13:57---栃ヶ洞14:04--

池山尾根下山の難所小地獄
少地獄

 

御嶽登山

印刷 Eメール

自宅 1:56--19号-- 出会 1:45-- 道の駅 2:51~3:08-- 田の原登山口 4:57~5:48-- 大江権現 6:20~6:25--
あかっぱげ 6:48~6:52-- 金剛童子 7:10~7:16-- 八合石室 7:34~7:40-- 富士見岩 8:10--
一口水 8:35~8:48-- 9合目小屋(王滝神社) 9:01~9:50(トイレ)-- 八丁たるみ 9:52-- 横手分岐 9:54--
山頂 10:22~10:45-- 二の池分岐 11:00-- 覚明堂 11:07-- 覚明堂石畳道下のベンチ 11:30~11:42(靴紐の講習)--
八合目(女人堂) 12:24~12:30-- 七合目 13:18~13:25(百草丸等買い物)-- 飯森駅 13:37--
鹿の子駅 13:58~14:48 温泉(1時間)-- 道の駅-- 駒ヶ根

続きを読む...
 

千畳敷カール一周コース

印刷 Eメール

40分+インタープリテーション
氷河期の遺物で200種類以上の高山植物がある起伏の少ない一周1~2時間の遊歩道を周遊コースである。

 

宝剣岳縦走コース

印刷 Eメール

宝剣縦走

続きを読む...
 

中学生登山北御所コース

印刷 Eメール

北御所

続きを読む...
 

池山尾根・空木岳コース

印刷 Eメール


登り6時間+休憩時間
池山林道駐車場--(30分)--鷹打ち場--(40分)--池山水場--(40分)--マセナギ--(60分)--大地獄--(60分)--小地獄--(15分)--迷い尾根--(20分)--散歩道--(60分)--避難小屋分岐--(30分)--駒石--(30分)--駒峰ヒュッテ--(8分)--山頂

 

南アルプス仙丈岳

印刷 Eメール

登り5時間
北澤峠--(120分)--大滝頭--(70分)--馬の背ヒュッテ--(90分)--仙丈小屋--(35分)--山頂

 

仙丈岳中学生登山実施タイム(過去記録)

印刷 Eメール
続きを読む...
 

甲斐駒ヶ岳

印刷 Eメール

登り4時間+休憩時間
北澤峠--(60分)--仙水峠--(90分)--駒津峰--(120分)--甲斐駒ヶ岳

 

中央アルプス濃ヶ池・花の道コース

印刷 Eメール

花の道

続きを読む...
 

光前寺

印刷 Eメール

中央アルプスと南アルプスの谷間、伊那谷を訪れる時、光前寺は
伊那谷の歴史文化と共に歩んできた古寺で貞観2年(860)iに開創され、必見の価値があります。
樹齢600年とも言われる杉の古木と名勝庭園や光コケ・国の文化財に指定されている
弁天堂・霊犬早太郎の伝説更に古来雨乞いに必見の宝物青獅子の駒ヶ岳登山実話等
1~2時間でインタープリターと共に歩くと楽しみが倍加します。
  光前寺見所の一つに庭園がある。一般に知られている拝観料の要る本坊客殿から見る庭より
 延命水の末流の三門に上の池にある、龍門瀑の鯉魚石(りぎょうせき)が時代も古いし価値もある。

続きを読む...